明日のセツブンソウ祭の用意できました。

米原市大久保には春を告げる山野草が3月から5月にかけてたくさん咲きます。特に絶滅危惧種のセツブンソウは人気があり、全国から毎年多くの人々が来られます。大久保区では5年前から独自に村の春のイベントとしてセツブンソウ祭を始めました。伊吹の源流を考える会でも、古民家を利用した田舎カフェと会員の動物写真家、須藤一成さんの写真展とビデオ上映を行っています。明日は10時から行っていますので、是非大門坂荘にお越しください。