家の近くに野生のカルガモさんたちがお尻を振って足早に歩いていました。

昨日、夕方農場から帰る道中で急に草の茂みから姉川に向かってカルガモが飛び出しました。安全な場所で育ったカルガモの子供たちがお母さんに連れられて姉川の本流に向かって行くところに運よく遭遇しました。

いよいよ、大自然の中で自立していくために泳ぎのけいこや、エサ取りを覚えるんでしょうね。とても愛らしくしばし見とれていました。野生ってたくましいですね。そして美しいですね。頑張ってくださいねカルガモ君^¥^

DSCF5475