辛みと微妙な甘みのある伊吹山「峠」の伊吹大根近くのホテル、旅館で使っていただいています。

日に日に寒くなって来ています。伊吹山の中腹で栽培している伊吹大根は、土壌と気候で本来の伊吹大根の特徴が顕著な本物です。蕎麦や焼き魚、焼肉の等の薬味として最高とこの大根が脚光を浴びてきました。やはり本物は違いますね^¥^

この伊吹山「峠」で採れる伊吹大根に名前をつけて商標登録申請もしました。なんでも本物を未来永劫に伝えていくことが伝統と考えています。

現在夏に播いた伊吹大根が大きくなっています。今後4回に分けて播いた伊吹大根を順次収穫していきます。12月からは糠漬の仕込みも始め、来年の3月末まで収穫していきます。

dscf5802