美味しく安全なお米を作る予察研修会に参加しました。

昨日は、米原市の水田病害虫の予察委員(毎年の水田に発生してくる害虫がどの程度か網ですくってみる。

その状態によって薬剤の使用を決めていく為の監視委員)の現地研修があったので参加してきました。

今年、外来(日本に元々いなかったもの)カメムシが多く見受けられた。(虫も国際的交流してきています。)

米原では、なるべく農薬を少なくした環境農産物の生産をしているのでこの予察によって必要最小限の農薬使用をして安全・安心な米づくりをしています。

滋賀の農業普及員の方はみなさん頑張っておられます。今回は女性の方の指導でした。

参加者は男性でとても素直に真剣に勉強しました。(男性は女性に弱いかな。^¥^)

普及員のみなさんこれからも宜しく。

DSCF0849