味噌作りの合間に、大久保に咲く可憐なセツブンソウ今年は例年より暖かく雪がないので見に行ってきました。なんと咲いているではありませんか。

大久保集落では、春をいち早く告げる貴重で可憐な花を守っています。味噌作りの合間に花が咲いていないかと見にいたらなんとまだ小さな花ですが可憐に咲いているではありませんか。^¥^今年はこのまま雪が少ないと2月中が見ごろになるのかなと思っています。3月はアズマイチゲや他の山野草が春の笑顔を見せてくれるのかな。山村の穏やかな春は近いですね。^¥^

小さな生まれたてのつぼみが何とも愛らしいですね。自然とにっこりしてしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントは受け付けていません。