‘九次郎’ カテゴリー

荒れた農地約2000㎡を綺麗に復元しました。これで合計10000㎡の蓬農場ができました。大変な作業ですが農地に戻ると気持ちがいいですね。伊吹ファームが目指す安定したブランド蓬収穫ができるようにしていきたいですね。

私の住む大久保地域は、山間で日照時間が少ない事と、冬雪が多いこと、更に近くに川が流れて霧が朝に出ることなど地理条件がブランドいぶき蓬に最高の所です。大久保の農地は、イノシシや鹿、サルの獣害から農作物を作っても収穫できないことから、耕作放棄地が増えていました。しかし、この獣害に関係のない蓬をこの地域のブランドとして滋賀の有名な和菓子店と提携して4年前から耕作放棄地を開墾し良質の伊吹蓬の産地にしていく取り組みを始めました。今年も2000㎡の耕作放棄地を蓬畑に復元しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


いぶきファームの蓬農園は合計10000㎡くらいになってきました。簡単な作業ではありませんがコツコツとやっています。安定した良質蓬の生産で和菓子店への供給に応えていきたいです。朝、伊吹山中腹の伊吹大根農場にいってきました。有名な紅葉スポットを見に行きたいのですが忙しくていけません。でもこんな近くに素晴らしいモミジの紅葉があり嬉しです。足元にはいいものがありますね。^¥^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平日の都合の良い日は、「久次郎」で伊吹の在来蕎麦粉で蕎麦打ち体験をさせていただいております。昨日は愛知の病院の方々が来られて和気あいあいと体験してくださいました。

昨日は、愛知県から30名近く蕎麦打ち体験に来てくださいました。皆さん初めて蕎麦打ちをされる方が多く、ワイワイと蕎麦打ちに挑戦してくださいました。まずは、手本を見ていただき蕎麦打ちの工程を覚えていただきます。みなさん真剣ですね。^¥^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


その後は、5テーブルに別れて6人づつ中まで体験していただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


皆さんうまくできました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


蕎麦打ち体験は約2時間まででできます。平日で都合のつく時は10人以上であれば体験可能です。

長浜市の環境を考える団体と伊吹の源流を考える会の交流事業「伊吹の源流ツアー」を昨日行いました。

今、伊吹の源流地域は紅葉の綺麗な時です。今年で第16回となる長浜市のアメニティーが主催する伊吹の源流ツアーが行われ、伊吹の源流の会のメンバーと共に大久保集落や伊吹山の峠のシシ垣等散策に行きました。
参加者30名の方々とスタッフで開会式を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


伊吹山散策の後は、古民家「大門坂荘」で田舎料理とシシ汁で昼食をとっていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


食事の後は、伊吹の源流の会のメンバー、イヌワシを専門とする動物写真家、須藤一成さんからアフリカの動物達や伊吹の源流に住むイヌワシなどの話をしていただきました。皆さん貴重な映像や話に聞きいっておられました。話の後は質問など多くされていました。参加者の皆さんお疲れ様でした。また、スタッフの皆さんご苦労様でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


今は伊吹の源流は紅葉が綺麗です。「久次郎」の「伊吹大根おろし蕎麦」も土、日、祭日の11時から14時まで営業させていただいております。是非お越しください。

耕作放棄地の開墾朝早くから頑張っています。蓬の圃場にしていきます。カヤの根を起こすの大変です。でも、いいヨモギを作って久次郎の蓬餅や和菓子店に収められるようにしたいです。コツコツが大切ですね。^¥^

いぶきファームでは、家の近くの耕作放棄地を4年前からコツコツ開墾して、伊吹の蓬畑を作っています。7000㎡は開墾しましたが、新しく2000㎡を時間の合間に開墾農地復元しています。カヤの根やクズの根を小型ユンボで起こしていますが、10年以上放棄されていたので根がしっかり地中に入っているので大変です。何とか起こしました。少し乾かして除去した後、トラクターで畑に復元していきます。述べ10日はかかりますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


結構広い面積なので時間かかりますね。先が見えてきたのでやれやれですが、農地復元は簡単にはいきません。一度荒れたらなんでも元に戻すのはパワー入りますね。コツコツが大切です。^¥^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


久次郎では、人気のある「久次郎の蓬餅」の予約分を作っています。自家栽培の良質手摘の蓬で手作りさぎょうなので人気があります。作るのに数に限りがあるのも仕方ないですね。^¥^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

伊吹のブランド柿,霊峰(種なし甘がき)の収穫です。手間とこだわりの逸品です。大きな柿は300グラム以上です。

伊吹のブランド柿(霊峰)は、種の無い蜜の多く入った大きな甘い柿です。本来渋柿ですが木に実ったまま甘い柿に仕上げます。柿は冬の寒い中での剪定から大きな柿にする為春の摘実や暑い夏の草刈りを経て、今大きな美味しい柿にに実りました。今日は一つ一つ収穫して大きさ等柿を選別をして市場に出していきます。台風や高温で大変でしたが、今年の柿は平成の最後の名物柿として皆様に美味しく食べていただきたいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


今日は500個くらい収穫しました。家で食べましたが種がなく食べやすく、甘さも良く食感がサクサクで梨のようです。頑張って作った甲斐があります。自己満足もありますが。^¥^

秋本番で、柿、伊吹大根、の収穫に追われています。その合間に来年に向けて「いぶきファーム」では耕作放棄地の開墾をし蓬農場を増やしていきます。

秋本番となり、伊吹の山々が錦の彩を演出してくれています。朝日に映えた紅葉は心を和ませてくれます。日本の四季に感謝です。また、秋は味覚の季節、伊吹の柿や伊吹大根の収穫にも追われています。
 この時期は、「いぶきファーム」では来年に向けて獣害や高齢化により耕作されなくなった農地を開墾し伊吹の蓬農場等に復活しています。現在7000㎡を開墾して蓬農場にしました。今年も約3000㎡の農地を復元しています。大変ですが農地がよみがえってくると先人が喜んでいてくれているようですね。^¥^
こんな荒れた農地を復元していきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


クズや木の生えた15年以上放置された農地の草刈りをして灌木を切って小型重機草やカヤを掘り起こして農地に復元していきます。時間と手間がかかりますがだんだん綺麗になると嬉しいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


毎日がエキサイテングで休みなしです。^¥^でも、正直楽しいですね。農業万歳です。
「久次郎の伊吹大根おろし蕎麦」は土曜、日曜、祭日、は午前11時~午後2時は営業させていただいております。11月10日の土曜日はツアー予約で久次郎は申し訳ございませんがお休みさせていただきます。

昨日は大久保自治会長として滋賀鉱産の視察に伺いました。

伊吹山は、石灰の山として昭和20年度以降国の基盤整備の材料としてセメント工場が誘致されました。現在はセメント生産は終了し、骨材の生産となっています。土地が大久保区の所有でありない先人の取り決めごとにより良好な関係となっています。毎年この時期現地の状況を視察することとなっており区の役員が滋賀鉱産(株)幹部の方々の説明を受けました。

現地採掘は広大な広さで採掘後は自生する植物で緑化事業に大変な労力と費用をかけておられることに関係者も感心したところです。良質骨材が国の重要な資材として使われてきたことや今後も国の基盤整備に使われることに改めて資源のありがたさを感じました。

使用されている機械の大きさにはびっくりしました。

台風や異常気象で遅れていた「久次郎の天領伊吹大根」がようやく出来ました。明日からおろし蕎麦に使います。また、大門坂荘のヒノキの露天風呂もほぼ完成です。

今年はいろんな農作物が夏の猛暑、台風、秋の長雨で収穫するのが大変でした。でも、ようやく伊吹山の中腹で栽培しています「久次郎の天領伊吹大根」(商標登録ブランド辛み大根)が早い物から収穫出来るようになってきました。土、日、祭日の11時から14時まで営業する「久次郎」で辛みと旨味が絶品な「久次郎のおろし蕎麦」を召し上がっていただけます。みなさま是非お越しください^¥^

また、体験農家民泊の「大門坂荘」に大きなヒノキでつっくた露天風呂がほぼ完成しました。

伊吹の柿いよいよ明日から収穫です。柿組合の皆さんが集まり収穫前の現地打ち合わせです。午後は梅畑の草刈り作業をしました。

いぶきファームは、伊吹大根などの野菜栽培と果樹栽培もしています。昨日は伊吹の柿が十分に色づき収穫の時期を迎えたので、市場や農協、栽培者が集まり、出荷前の大きさ企画等の統一した商品となるよう現地で確認申し合わせを行いました。伊吹の柿は他の産地のヒラタネ柿よりも収穫が遅いですが十分熟成しているので消費者の皆さんから好評です。剪定から収穫まで手間をかけて育てています。のこの時期、色づいた柿を見ていると嬉しいです。

色合い、大きさを確認し統一した柿を集荷できるようにします。ここは産地として重要な所です。

午後は、来年の綺麗な梅を収穫する為に伊吹山の中腹で栽培する梅園の冬前の草刈りをしました。老木ですが剪定を11月には行い昭和、平成、次の新しい時代に受け継ぐ貴重で大切な「いぶきファーム」の梅です。

秋本番になってきたのでいよいよ忙しくなってきました。蕎麦の収穫前作業や、「大門坂荘」のヒノキの露天風呂作りにと忙しいです。^¥^

10月の中旬となり、秋の気配が山々や畑に感じます。昨日はソバ畑の収穫前の草刈りをしました。伊吹は蕎麦の発祥の地在来蕎麦を育てています。綺麗な蕎麦の花はいいですね。11月の中旬には収穫できると思います。今年は台風や8月以降の長雨で全国的に蕎麦の収穫が少ないようですが、何とかいぶきファーム農場は収穫できそうです。

また、大久保の山村で体験農家民泊の出来る「大門坂荘」に地域の木材を使ってヒノキの露天風呂を作ることにしました。大門坂荘の裏手の山が美しいので遊び心で作ります。来られた方が山村でゆっくり露天風呂で田舎体験して下されば幸いです。10月末には完成ですね。紅葉が楽しみです。整地から基礎をしていきます。なかなか大変ですね^¥^
まずは、整地からです。

夕方は、基礎工事を終えました。コンクリートの強度が出たらヒノキ風呂の組み立てです。完成したら紅葉を見ながら湯船で一杯ですね。^¥^