‘九次郎’ カテゴリー

囲炉裏のある古民家宿泊「大門坂荘」連休まだ空きがございます。伊吹山登山や奥伊吹の新緑の美しい姉川でバベキューも楽しめます。

後1か月と少しで新年号の始まりです。伊吹山の麓で姉川源流にある120年ほどたった古民家をリホームした「大門坂荘」があります。食糧持ち込みで自炊OKです。風呂、炊事場、食器、冷蔵庫、レンジすべて完備です。露天風呂もあります。露天風呂を使わず中の風呂使用の場合は一人2500円と格安です。伊吹山登山や姉川源流の若葉の中でゆっくり過ごすと最高ですね。グループや家族で貸切です。約12人程度泊まれます。今日で4月28日、29日5月3日、4日、5日6日は空きがございます。電話での申し込みは0749-58-0906谷口までお願いいたします。

また、大久保区内での蕎麦店「久次郎」は連休中で4月30日、5月1日、2日は休業させていただきます。4月28日、29日、5月3日、4日、5日、6日、は午前11時から午後2時まで営業させていただきます。よろしくお願いいたします。

昨日は東京から伊吹の山野草を見にツアーの方がお越しくださいました。5月の連休も色々な山野草や山菜を楽しめます。

春になると次々と山菜が芽吹きます。^¥^土、日、祭日営業の「久次郎」の天婦羅をにぎわしてくれます。今は「ノカンゾウ」と「フキノトウ」「伊吹のヨモギ」ですね。

春が今年は早いせいか山の山菜が芽を出し始めました。久次郎の天婦羅食材に使う「伊吹のヨモギ」

「フキキトウ」、に新しく「ノカンゾウ」が芽吹きました。春の山菜は薬効があり体にいいのです。

綺麗なノカンゾウの新芽です。

伊吹の地場産よもぎの種を選別して伊吹山の緑化に使用していただきます。

伊吹山の石灰砕石場後の緑化に地元在来種の種子を吹き付けされるています。昨年「いぶきファーム」に伊吹山系のよもぎやススキの種子依頼がありお引き受けいたしました。大変な作業ですが大切な伊吹山の緑化にお役に立てることを嬉しく思っています。

伊吹大根おろし蕎麦店、「久次郎」から歩いて10分くらいで、セツブンソウの次に咲くアズマイチゲの可憐な花がこれから見頃です。

大久保では、セツブンソウがピークを過ぎましたがまだ場所によってみられます。また、蕎麦店「久次郎」から山里をのんびり歩いて10分で、セツブンソウと同じキンポウゲ科のアズマイチゲが咲き始めました。朝は、写真のとおり下を向いていますが、10時頃から3時頃までの天気の良い日は大きく上を向いて可憐な姿を見せてくれます。今日はたぶん咲くでしょうね。^¥^

大久保ではいろんな可憐な山野草が咲き始めました。こうした中、いぶきファームでは農作業も本番になってきます。^¥^

大久保では、可憐な山野草「春の妖精」たちが咲き始めました。今年は雪も少なく春の訪れが早いですね。こうなってくると「いぶきファーム」の農場も忙しくなってきます。土曜、日曜は「久次郎」の蕎麦店を営業させていただいておりますが、平日は時期ごとの農作業が始まります。伊吹の名物「ヒラタネナシ柿」の剪定を行いました。

1000㎡の柿畑大変でした。でもこれが大切なんです。いい柿を作るには。^¥^これからは、ブログぼちぼち投稿していきます。伊吹の大久保の春の様子をお伝えさせていただきます。

大久保に咲く可憐なセツブンソウ今日の朝見に行くともう沢山咲いてきていますね。^¥^

この時期、漬物作りや、大久保区の2度目の自治会長の仕事等で毎日忙しくしていて大好きなセツブンソウが見に行けていませんでした。今日、明日、明後日と久次郎の蕎麦店営業しますので昼間行けないので朝早く見に行ってきました。なんと一杯咲いてきています。10時ごろから14時くらいまでがいいでしょうね。小さな花ですが心和ませてくれます。^¥^

寒さで手振れ写真ですみません。^¥^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

味噌作りの合間に、大久保に咲く可憐なセツブンソウ今年は例年より暖かく雪がないので見に行ってきました。なんと咲いているではありませんか。

大久保集落では、春をいち早く告げる貴重で可憐な花を守っています。味噌作りの合間に花が咲いていないかと見にいたらなんとまだ小さな花ですが可憐に咲いているではありませんか。^¥^今年はこのまま雪が少ないと2月中が見ごろになるのかなと思っています。3月はアズマイチゲや他の山野草が春の笑顔を見せてくれるのかな。山村の穏やかな春は近いですね。^¥^

小さな生まれたてのつぼみが何とも愛らしいですね。自然とにっこりしてしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手作り麹味噌の仕込や、漬け物加工で忙しい毎日です。やはり冬の風物詩かなー。伝統を守っていきます。

今年は、滋賀は雪が少ないですが寒中は寒いですね。「久次郎」の加工所では地元大豆、自家製コシヒカリの麹をふんだんに使った「久次郎の手作り麹味噌」の仕込を1月~2月にかけて行います。加工所は大きな窯で煮炊きするので暖かいいです。

茹であがると、米麹を半分以上入れ出来上がりを甘みのあるまろやかな手作り味噌に仕上げていきます。スタッフの皆さんも手さぎょうなので汗が出てくるくらいの重労働ですが、暖房しなくてよいからいいかなー^¥^この時期の味噌づくりがうまく発酵して良いのですよね。昔の人は良く考えておられたんですね。合理的な世の中になったからこそ貴重な文化伝統は守りたいですね。

味噌づくりとカブの漬物、伊吹大根の漬け物、など作業も3月末まで行っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「久次郎」の伊吹山中腹で採れた辛みの絶妙な「伊吹大根おろし蕎麦」昨日から始めました。今年もよろしくお願いいたします。1月は土曜、日曜、祭日、毎週水曜、午前11時から午後2時まで営業させていただいております。

正月から美味しい物やお酒をいただき少し太ってしまいました。

昨日からは「久次郎」や「いぶきファーム」の仕事を始め、体を少し引き締めたいです。^¥^

「久次郎」では通常どおり辛みと旨味の絶妙な伊吹山の中腹で栽培する「久次郎の天領伊吹大根」おろし蕎麦を始めさせていただきました。

伊吹の在来玄蕎麦と辛みの大根は体にもいいと言われています。

久次郎の蓬の濃い「久次郎の蓬餅」も店舗のみ限定販売させていただいております。

数限定なのでなくなることが多いので電話0749-58-0906まで下さるとありがたいです。

 

揚げたて天ぷらや、伊吹山の自然薯、自家製漬物、蓬のプリンをつけてフルセットで1200円です。

自然薯なしは1000円おろし蕎麦単品は800円です。

 

現在道には雪もなく伊吹の道の駅から奥伊吹スキー場に向かって約3キロ、5分で「久次郎」の店のある大久保集落バイパスから右手の旧道赤い古民家の店です。

平成最後の年が終わります。3人の子供や孫たちと暮れを過ごしました。1年のお礼を今年結婚した息子夫婦と氏神様にお参りしてきました。

いよいよ平成もフィナーレ今年1年も忙しく働かさせていただきました。「久次郎」や「いぶきファーム」をご愛顧して下さった皆様方に感謝です。起業してから早6年多くの方々の助けがあって今年1年も家族そろって過ごせました。3人の子供の末っ子の長男が今年結婚させていただきました。今日東京に帰っていきます帰る前に氏神様にお礼を言ってまいりました。これからは、二人で自分たちの道を堂々と生きてもらいたいです。周りの方々を大切にしながら頑張ってください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


村を守って下さる氏神様のご神木のように落ち着いた気持ちで、嬉しい時も悲しい時も健康で厳しい世を生きていきたいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA