‘九次郎’ カテゴリー

昨日は大久保自治会長として滋賀鉱産の視察に伺いました。

伊吹山は、石灰の山として昭和20年度以降国の基盤整備の材料としてセメント工場が誘致されました。現在はセメント生産は終了し、骨材の生産となっています。土地が大久保区の所有でありない先人の取り決めごとにより良好な関係となっています。毎年この時期現地の状況を視察することとなっており区の役員が滋賀鉱産(株)幹部の方々の説明を受けました。

現地採掘は広大な広さで採掘後は自生する植物で緑化事業に大変な労力と費用をかけておられることに関係者も感心したところです。良質骨材が国の重要な資材として使われてきたことや今後も国の基盤整備に使われることに改めて資源のありがたさを感じました。

使用されている機械の大きさにはびっくりしました。

台風や異常気象で遅れていた「久次郎の天領伊吹大根」がようやく出来ました。明日からおろし蕎麦に使います。また、大門坂荘のヒノキの露天風呂もほぼ完成です。

今年はいろんな農作物が夏の猛暑、台風、秋の長雨で収穫するのが大変でした。でも、ようやく伊吹山の中腹で栽培しています「久次郎の天領伊吹大根」(商標登録ブランド辛み大根)が早い物から収穫出来るようになってきました。土、日、祭日の11時から14時まで営業する「久次郎」で辛みと旨味が絶品な「久次郎のおろし蕎麦」を召し上がっていただけます。みなさま是非お越しください^¥^

また、体験農家民泊の「大門坂荘」に大きなヒノキでつっくた露天風呂がほぼ完成しました。

伊吹の柿いよいよ明日から収穫です。柿組合の皆さんが集まり収穫前の現地打ち合わせです。午後は梅畑の草刈り作業をしました。

いぶきファームは、伊吹大根などの野菜栽培と果樹栽培もしています。昨日は伊吹の柿が十分に色づき収穫の時期を迎えたので、市場や農協、栽培者が集まり、出荷前の大きさ企画等の統一した商品となるよう現地で確認申し合わせを行いました。伊吹の柿は他の産地のヒラタネ柿よりも収穫が遅いですが十分熟成しているので消費者の皆さんから好評です。剪定から収穫まで手間をかけて育てています。のこの時期、色づいた柿を見ていると嬉しいです。

色合い、大きさを確認し統一した柿を集荷できるようにします。ここは産地として重要な所です。

午後は、来年の綺麗な梅を収穫する為に伊吹山の中腹で栽培する梅園の冬前の草刈りをしました。老木ですが剪定を11月には行い昭和、平成、次の新しい時代に受け継ぐ貴重で大切な「いぶきファーム」の梅です。

秋本番になってきたのでいよいよ忙しくなってきました。蕎麦の収穫前作業や、「大門坂荘」のヒノキの露天風呂作りにと忙しいです。^¥^

10月の中旬となり、秋の気配が山々や畑に感じます。昨日はソバ畑の収穫前の草刈りをしました。伊吹は蕎麦の発祥の地在来蕎麦を育てています。綺麗な蕎麦の花はいいですね。11月の中旬には収穫できると思います。今年は台風や8月以降の長雨で全国的に蕎麦の収穫が少ないようですが、何とかいぶきファーム農場は収穫できそうです。

また、大久保の山村で体験農家民泊の出来る「大門坂荘」に地域の木材を使ってヒノキの露天風呂を作ることにしました。大門坂荘の裏手の山が美しいので遊び心で作ります。来られた方が山村でゆっくり露天風呂で田舎体験して下されば幸いです。10月末には完成ですね。紅葉が楽しみです。整地から基礎をしていきます。なかなか大変ですね^¥^
まずは、整地からです。

夕方は、基礎工事を終えました。コンクリートの強度が出たらヒノキ風呂の組み立てです。完成したら紅葉を見ながら湯船で一杯ですね。^¥^

10月6日、7日は「久次郎」の蕎麦店は長男の結婚式で休ませていただきました。本日とこれからの土、日、祭日は営業させていただきます。

昨日は、3人の子供の一番下の長男が結婚させていただきました。土曜日、日曜日、祭日営業の蕎麦店「久次郎」は休ませていただきました。本日の祭日とこれからの土曜日、日曜日、祭日は営業させていただきますのでよろしくお願いいたします。
 山梨県の星野リゾートでの結婚式では多くの友人や親族の皆さんにお世話になりました。これから2人で力を合わせて有意義な人生を送って頂きたいです。

米原市商工会の皆さんが「久次郎の蓬餅づくり」体験と「久次郎蕎麦」を食べに来てくださいました。

昨日は、米原市商工会のサービス部会の皆さんが奥伊吹の探訪研修に来られお昼に久次郎の蓬餅づくり体験をしてくださいました。久次郎の蓬餅は伊吹の蓬をふんだんに使い濃いヨモギ餅で皆さんに好評です。皆さん真剣に餅づくりに挑戦してくださいました。ご苦労様でした。

姉川ダムの視察や奥伊吹スキー場の視察もされました。これからは紅葉が美しくなってきます。10月の中ごろから少しづつ色づき始めるでしょうね。

「久次郎」の蕎麦店は9月29日と10月6、7日の土曜、日曜は長男の結婚式の関係でお休みさせていただきます。申し訳ございません。

9月に入り台風や長雨ですっきりしない天候が続いております。皆様お変わりございませんか。蕎麦のお店「久次郎」は土、日、祭日の午前11時より午後2時まで営業させていただいております。いつもごひいきになりましてありがとうございます。9月の29日土曜日、10月の6日、7日は長男の結婚の関係でお店を休ませていただきます。誠に申し訳ございません。9月30日と10月の8日から後の土曜、日曜、祭日は営業させていただきますのでよろしくお願いいたします。
 今年は、長雨と台風で蕎麦と伊吹大根の播種が遅れましたがお陰様で順調に育っております。

お米の収穫も終わり、伊吹の柿「霊峰」も10月下旬から収穫できそうです。味覚の秋、安心、安全で美味しい食材を「いぶきファーム」で生産し「久次郎」で加工、提供させていただきます。
 

台風と長雨でなかなか田んぼできなかったのですが昨日は晴れたのでお米収穫できました。

今年は、夏は雨がなくお米づくりに水不足が心配でした。でもお陰様で稲はうまく育ちました。しかい、収穫の時期を迎える時2度の大きな台風が滋賀に近づき大変でした。台風の後も雨が続きなかなか稲刈りが出来ませんでした。昨日は貴重な晴れで一気に10000㎡のコシヒカリを収穫できました。私の弟も手伝いに来てくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


伊吹山の麓のお米で最高の美味しいコシヒカリです。明日には新米となります。美味しくいただきたいですね。^¥^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


お米の収穫が終わるといよいよ本格的な秋に向かいます。収穫の秋と味覚の秋ですね。

日本は、台風、地震と災害の多い国です。自然の猛威には逆らえませんがそれゆえ毎日の通常の生活出来ることに感謝が必要ですね。

台風21号により近畿地方は大きな打撃を受けました。大久保区でも屋根が飛ぶなど大変でした。また、今日は北海道で大きな地震の速報が入りました。多くの方が被災されているようです。本当に自然の猛威に改めて驚異さえ覚えます。普段普通に生活できている時を大切にしなければと思うばかりです。
 昨日は、いぶきファームでは9月に行っておかなければならない農作業をしました。今は特産柿「霊峰」の袋かけを1300個分しました。種の無いとても甘い柿が出来ます。一つ一つ丁寧に袋をかけました。11月初旬には大きな美味しい柿の完成です。数に限りありますが今なら予約承ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


手間がかかりますが晴れ間にこの作業は行はないといけないので台風の過ぎた昨日がベストの日なのです。自然との共生です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


この後、稲刈り、伊吹大根種まき、蓬の管理収穫加工、カブの種まきと天候を見て作業を行います。自然が穏やかであることを祈りたいです。

お盆が過ぎるといぶきファームでは、「久次郎の天領伊吹大根」「伊吹の在来玄蕎麦」「伊吹の柿霊峰」の播種や手入れに走り回っています。でも異常気象で大変です。

お盆が終わると、いよいよ秋野菜や果樹の手入れ、蓬の収穫と加工作業で朝早くから走り回っています。伊吹の特徴のある特産野菜と果樹、蓬、伊吹の源流コシヒカリ米の農作業です。でも高温、多湿な気候や台風の影響で例年とは管理するのが大変ですね。でも、いずれも手を抜けない状況です。^¥^
商標登録した、伊吹山中腹の「久次郎の天領伊吹大根」播種を圃場ごとに順番に行っています。早く播種した所は芽が出てきました。「久次郎」のおろし大根蕎麦に使います。早く大きくなってほしいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


「久次郎」の蕎麦はいぶきに昔から伝わる伊吹在来蕎麦です、小粒で香りと色など特徴があります。現在米原市では「伊吹そば」としてGI登録中です。これが認可されると伊吹の蕎麦が名実ともにブランドとなります。可愛い芽も出始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


伊吹の種の無い特産柿「霊峰」も日に日に大きくなっています。台風が来るので枝が折れないようにするのと大きな実となるように実の数を減らして大きくするのも重要な作業です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


加工用に使う伊吹の蓬の新芽を採るために随時刈取りをして優しい芽を摘んでいきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


この後は、9月初めに伊吹の美味しいコシヒカリ源流米の刈取りです。台風21号が心配ですね。