伊吹大根の会議があり参加しました。

昨日は、道の駅「伊吹の里」で伊吹大根の作り方等について滋賀県普及センターのH指導員が来られて勉強させていただきました。

伊吹大根の特徴を出すための研修会議です。

参加者は、地元の方々12人で皆さん真剣に話を聞いておられました。いぶきファームでも今年から、本格的に伊吹大根を作っていきます。

夕方は、大門坂荘に地元のおじさん3人が来られ、囲炉裏を囲んで生ビールと地元食材で軽く一杯楽しんでいただきました。

地元の方も「こんなのんびりできる所ができたのか、また、みんなに話しておきますね」と言ってくださったのが嬉しかったです。^¥^

大門坂荘で冷たい生ビールと地元野菜のパスタで乾杯でした。

昨日は、伊吹山麓も大雨でした。姉川もすごく増水しまたね。そんな中ですが夕方から米原市内の方が大門坂荘に来ていただきました。

古民家の癒し感と、囲炉裏で焼くイワナの塩焼き、地元野菜で作ったパスタ、等々喜んでいただきました。

特にサーバーから注がれる生ビールは最高ですと言ってくださいました。

皆さんも、是非夏を古民家で地元食材と生ビールで楽しんでいただけると嬉しいです。

5名様以上で、一人生ビ-ル別で地元食材を使ったパスタとイワナの塩焼き、野菜の天ぷら盛りでくつろいで下さい。

料金は2000円からできますよ。^¥^

 

滋賀県の伝統食フナ寿司作りに行ってきました。

今日は、朝早くから近江八幡に滋賀の伝統食「鮒ずし」作りに行ってきました。

今年で4回目となりますが、毎年楽しみにしています。

この鮒ずし作りは滋賀県庁職員の方々が滋賀の伝統を守り学ぼうと企画されているものです。

私も、米原市役所時代に県庁の水産課の(亡)Fさんと現在農林水産部次長で元水産課長のTさんから誘っていただいたのがきっかけで毎年参加させていただいています。

今日は、滋賀県の副知事さんや県庁職員の方々と楽しく鮒ずし作りをしました。

お昼の鰻重も最高でした。鮒ずしは滋賀の伝統食です発酵食品の元祖でしょうね。美味くつかるといいです。

お正月には鮒ずしで一杯が楽しみです。

DSCF0998

伊吹山のユウスゲを見にいてきました。

昨日は、伊吹山の3合目に午後3時ごろから咲き始めるユウスゲの花群落を見に行ってきました。

地元上野区民の方々がユウスゲ祭りを開催されました。

皆さんの努力と熱意に感心しました。

伊吹山は鹿が多く増えユウスゲの花芽を食べてしまい一時3合目からユウスゲが消えました。

その後、地元の方々の努力でここまで多くの花が咲くまで復元されました。

ユウスゲは、その日の夕方に咲いたら次の花にバトンタッチし毎日可憐な花を咲かせます。

花の美しさに足を止め花に「綺麗ですね」とつぶやきました。

今日は、滋賀の名物「鮒ずし」を漬けに近江八幡に行きます。

美味い鮒ずしをつくってこなければ。

DSCF0993

同志社大学で講義楽しく話させていただきました。

昨日は京都の同志社大学で話しをさせていただきました。

京都駅を降りると京都独特の蒸し暑さ、地下鉄今出川駅を降りて大学までの道中は特に暑かったですね。

同志社大学ではゼミ生の皆さんに私の住む地域での高齢化や人口減少の問題課題の現状を聞いていただきました。

その問題・課題から、新しい地域素材を模索する可能性について政策展開も含めて学生の皆さんと共に考えてもらいました。

ゼミ生の方には熱心に聞いていただきありがとうございました。

また、この機会を与えてくださったI教授ありがとうございました。

私の住む姉川上流地域は希少動植物の豊富な所、古民家と山の風景がマッチした原風景、そして明るく元気な人々が住む、そんな地域です。

8月7日、8日にはゼミ生の内30人の皆様がいぶきファームを訪れてこの源流地域で研修して下さる事になりました。

ゼミ生の皆さん伊吹の源流の大自然と人に触れ合って下さい。

お待ちしております。夜は生ビールで乾杯ですね^¥^

黒壁のみなさんありがとうございました。そしてご苦労様でした。

昨日は、黒壁の飲食事業部長S氏と総料理長Y氏、企画のMさんがいぶきファームを訪れてくださいました。

皆さんには、古民家大門坂荘でいぶきファームの考え方や、何ができるのかを聞いていただきました。

その後、料理長が農作物の圃場や地域を見たいと言われ、農場を含め奥伊吹から伊吹山山麓まで約2時間車で回りました。

皆さんはさすが、地域を見る感性が高く、「作物その物も必要ですがそこの風土や作る人が重要なのです。

今こそ地域の物にこだわり、地域とともに黒壁経営をしたいのです。」と言われたことが印象に残っています。

今後、いぶきファームの産物を購入したいと言って下さり、頑張って作りたいと思います。

午後の時間地域を回り帰っていただく事となったとき、沢山の雨が降り出しました。

天は、私たちが地域を回っている間雨を降らすのを待っていてくれたのかな^¥^

今日は、同志社大学のゼミで「琵琶湖の源流の現状と可能性」と題してお話をさせていただきます。

パワーポイントで整理したので楽しく話してまいります。

夏本番になってきました。

昨日は、久しぶりの雨で田畑の作物には大変よかったです。

でも夏休みに入った子供たちは海や山に遊びに行けなくて残念だったかな。

しかし夏はこれからです。

一杯楽しんでください。

是非いぶきファームのホームグランド米原市大久保の清流姉川の川遊び魚釣り、バーベキュー、古民家での田舎体験宿泊、農業体験に来てください。

先日から、大門坂荘の予約がグループや自治会の子供会などの方々から電話をいただいています。

皆さんも是非お越しください。面白い企画を提案します。

昨日は、午前中は雨だったのでトマトハウスで5月から実を着けてくれたトマトから、2代目トマトを植える作業をしました。

一代目のトマトさん、沢山実をつけてくれてありがとうごございました。

ちゃんと2代目にバトンを渡しますね。

伊吹山の中腹「峠」を開墾し伊吹大根を復活します。

今日は、朝早く市場農場の長葱の草取りをした後、いぶきファームがこれから目指したい「峠の伊吹大根」のブランド化に向けて下準備のためトラクターで耕起(畑を耕すこと)しました。

この土地は高原野菜の産地で、特に伊吹大根や人参、ゴボウに適しています。

昔から、写真では眼下に見える大久保集落の大切な農地でした。

セメント工場が進出されてから畑は放棄され伊吹大根も姿を消しました。

しかしこの地の独特な土と気候から伊吹大根が近年復活されてきました。

いぶきファームではこの地を開墾し伊吹大根をさらに生産します。

近いうちに伊吹大根復活プロジェクトを立ち上げますので、今後会員募集をします。

伊吹大根の再生を通して素晴らしい風土とそこから生産される元気野菜を大切にしていきたいと思っています。

DSCF0951

昨日・今日とすばらし話聞かせていただきました。

昨日・今日と金沢出身のDj先生が大門坂荘に来られました。先生とは長い間おつきあいさせていただいています。

先生は企業経営の診断再生で全国でも有名な方です。

長浜の秀吉博覧会の企画戦略プロデュースや数々の企業戦略を作られるプロの先生です。

昨日は夜9時に横浜から来られ4時間、今日は朝から7時間貴重な話を聞かせていただきました。

長い時間でしたがとても新鮮な話でした。

先生ありがとう、そして優秀な秘書のMNさんありがとうございました。

先生に今後伊吹大根のプロデュースしていただけることになりました。

(すごい先生です)8月10日・11日またお越し願います。

先生素敵な個別指導ありがとうございました。

先生に大門坂荘気に入っていただき嬉しかったです。

DSCF0946

今日は涼しい風があり作業はかどりました。

今日は、厳しい夏の日差しではなく乾燥した過ごしやすい夏の気候でした。

朝は、経済動向や経営のプロであるOS会長に会って色々話を聞いていただきました。ありがとうございました。

いぶきファームとして今後何をやるといいのかが整理できました。

まず、今年は方向付けの為色々トライします。

現在確定しているのは、「伊吹大根」のブランド化です。

そのための環境づくりを始めます。

今日の農作業は伊吹山の中腹で伊吹大根の畑草刈り2000㎡行いました。

夕方は伊吹の源流の板並水田に肥料を散布しました。

いぶきファームは秋の収穫に向けて計画的に作業を進めてまいります。