育てていた葱、今日旬彩に出しました。

今日は、市場農場で育てていた葱、初めて道の駅伊吹の里旬彩に朝出しました。

まだこれから冬に向かって、葱の白い部分を長くしますが、食べたらおいしかったので少しづつ出します。

これから鍋の季節なので是非食べてください。

お昼は、お互い忙しくて話できなかった知人とのんびり食事をしました。話も弾み楽しく食事をさせていただきました。

天気も良く、ゆったりとした初秋の一日でした。

 

DSCF1264

秋本番、気持ちのいい朝ですね。

今日も秋晴れです。朝我が家の2階のベランダから大久保集落を眺めました。

のんびりした田舎風景、太陽が集落を照らすころから赤とんぼが気持ちよさそうに空中散歩します。

朝は、涼しいというより寒いくらいなってきました。

伊吹大根もいよいよこれから大きくなってくれます。また、柿や秋野菜も収穫の時です。

でも、少し雨がほしいのですがなかなか思うようにいかないですね。

DSCF1263

近畿農政局の支援制度をお聞きしました。

いぶきファームは地域の農林産物を活用し経済活動することで、人が元気になっていただきたいと考えています。

物事を計画し実行するには決断と支援していただける人がいないとできません。今日は県職員の方々や近畿農政局の方に支援制度でアドバイスをいただきました。

支援制度の中には、国と直接提案を持ち掛け具体的な支援を受けられるようになってまいりました。

情報のアンテナを常に立てながら、いぶきファームが考えている事を一歩一歩着実に進めていきたいと思います。

農政局のAH様、県のFR様・AO様今日はありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

滋賀県普及センターの皆さんありがとうございました。

今日は、滋賀県の普及センターの職員さんにアドバイスしていただきました。

午前中は、いぶきファームの今後の展開についてのアドバイスです。午後は、伊吹大根の植えつけている峠の農場で栽培状況を見ていただきアドバイスいただきました。

皆さん、素晴らしい方でとても心強く感じております。

滋賀県の普及員さんのますますのご活躍を祈念いたしております。

本日は、ありがとうございました。

滋賀の応援ファンド決定者説明会に出席してきました。

今日は、大津のコラボ滋賀で午前10時から応援ファンド決定者説明会が行われ出席いたしました。

ファンド助成には多くの難しい書類が必要なので、皆さん一生懸命説明を聞かれていました。

いぶきファームも伊吹大根の特徴ある産品を今後試作してまいります。

来年の春には、商品化できるよう頑張ってまいります。

DSCF1246

 

大久保区の秋葉神社で灯明祭りでした。

今日は、朝早く東京から帰ってきていた娘たちが帰りました。

孫たちと楽しく遊べて嬉しかったですが、少し寂しい気持ちです。

大久保区では、毎年お彼岸に秋葉神社で灯明祭りが行われます。

地元の子供たちは栗を焼いたりしてはしゃいでいます。

いよいよ秋本番ですね。

穏やかで実り良き秋になっていただきたいです。

DSCF1232

横須賀の中学校の教師の皆さんが修学旅行の見学に来られました。

昨日は、野菜やお米を長浜のお客さんに届けた後、横浜の中学校が修学旅行を計画されておられ、状況を見に先生方がおこしになり昼食をお引き受けさせていただきました。

先生方は、大門坂荘を気に入ってくださいましたし、昼食の牡丹鍋と新米ごはんをとても喜んでくださいました。

色々なお話も、させていただき先生方は修学旅行を決めていただいたようです。

ありがとうございました。

夜は、私が会長をさせていただいている「伊吹の源流を考える会」に今後の伊吹山の観光等の話し合いに参加してくださいと上野区より依頼があり、会員4名で参加させていただきました。

DSCF1223

紅白のカブ、種まきました。

今日は、白カブ、赤カブの準備をした市場農場に種を播きました。

種まき機械を押しながら、伊吹山を仰ぎ気持良く作業ができました。

伊吹山麓って素晴らしい所です。地道な作業ですが美味しく安全な野菜を作って皆さんに喜んでいただきたいです。

朝は涼しくなりましたが、昼間はいっぱい杯汗をかきました。

 

DSCF1215

お米の籾摺り息子たちが手伝ってくれました。

今日は、朝から籾摺り(お米の殻をとり玄米にする)をしました。

営農組合の方々と東京から帰ってきた娘の旦那さんと息子が手伝ってくれました。

今年は夏場、天候も良かったので沢山収穫できました。

収穫の時は嬉しいですね息子たちも作業頑張ってくれたので早くできました。

午後は、市場農場で明日作業する白カブと赤カブの播種の準備をしました。

DSCF1207