大門坂荘で収穫した野菜で牡丹鍋です。

採れたての、伊吹大根といぶき葱を具にした牡丹鍋を楽しくいただきました。

今日は、天気が良くない日でしたが、意義ある体験試行ができたと皆さんがいって下さいました。

長尾寺や絶滅危惧種のセツブンソウもみんなで見に行ってきました。

黒壁のsasahara部長をはじめご参加下さいましたみなさんご苦労様でした。そしてありがとうございました。

DSCF2267

黒壁さんといぶきファームで野菜とり体験を行いました。

今日は、長浜の黒壁さんと[地域の野菜を訪ねてと]題して体験モデル試行を行いました。春から黒壁といぶきファームで体験メニューを商品化とするため、黒壁職員の皆さんとの試行です。

はじめに、いぶきファームの市場農場で葱と伊吹大根を収穫しました。

この食材をいぶきファームの田舎山荘「大門坂荘」で美味しくいただきます。

後のブログで、「大門坂荘」の写真を紹介します。

DSCF2262

 

朝ごはん一杯食べてくださいました。

今日は、修学旅行の子供たちが奥伊吹スキー場に行かれます。8時に出発なので朝食の用意を頑張ってしました。

男料理なので、十分なことはできませんが、伊吹の自家製お米のご飯、伊吹カブと地味噌の具沢山味噌汁、鮭の炭火焼、伊吹ハムとウインナーとスクランブルエッグ、いぶきファームの伊吹大根、伊吹カブの浅漬け、納豆です。おなか一杯食べて元気にスキーに出かけて下さいました。楽しんできてください。夕食は囲炉裏でのおでんと、りゅうべいさんの逸品パスタでゆっくりしていただきましょう。^¥^

DSCF2200

 

 

 

広島県呉市から中学生が田舎体験修学旅行に来てくださいました。

昨日から、広島県呉市の中学生が米原市の伊吹地域に修学旅行に来てくださいました。この冬は雪が少ないので農場で伊吹大根といぶき葱を収穫ができるので行きました。

娘の子供が生まれ私の家に帰ってきており妻に手伝ってもらえないため、私が大久保の山荘「大門坂荘」で収穫した野菜を使い、牡丹鍋(シシ鍋)といぶき葱と鹿の背ロース肉を囲炉裏焼きにしました。田舎ならではの料理を一緒に作る体験もしていただきみんなとても喜んでくださいました。

DSCF2188

 

伊吹大根加工品試食アンケート行いました。

いぶきファームでは、秋より伊吹大根の漬物等の特産品を試作してまいりました。

ようやく特徴のある伊吹大根の浅漬けの試作品ができました。

今日は伊吹山の麓、薬草の里文化センターで試食アンケートを行いました。

多くの方にアンケートしていただきました。

お聞かせいただいたたアンケートの結果を参考にして、より喜んでいただけるよう頑張ってまいります。

明日も午後から薬草の里でアンケートを実施させていただきます。

アンケートを手伝ってくれたyukiちゃんtamamiちゃん明日もよろしく。

DSCF2155

古民家を活用した田舎の農産物加工所整備に着工しました。

昨日から、私の住む大久保集落の古民家をお借りして地物農林産物の加工・体験所の整備を始めました。

整備に至るまでには、金銭的にも整備計画の実現的にも大変苦慮しました。でも第二の人生は楽しく、また地域の活性化の為にも是非自分がやりたい目標でしたので頑張ってきました。その間色々と協力していただいた皆様に厚くお礼申し上げます。

私は、生まれ育った大久保の地でこのような整備が出来て幸せです。伊吹の地域は大変すばらしい素材がいっぱいです。この素材を生かして地域のコミュテイビジネスを展開することで社会性を持ちたいと思っております。

大変ですが楽しく頑張っていきます。きっとこの古民家も喜んでいてくれると思います。

DSCF2120

 

 

 

JAの経営管理委員セミナーに参加してきました。

今日は、大津でJA経営管理委員のセミナーがあり参加してきました。

特に、TPP問題を考える講演で日本農業新聞の方の話は、日本の農政を取り巻く課題を含めて考えされられました。

グローバル的な経済振興の中でのアメリカ対日本の駆け引きに、国際競争力のない農業の位置づけを、今後国がどう真剣に考えているのか。また、国の政策に左右されてきた零細農家が誰を信用してよいのか。

今日の話では、TPP問題の中にJA改革も大きな争点になってきていると話された。これは大きな国の政策の中でJAの元締めでもある全農が国との政策論争ができなかったからではないか。

すなわち、全農組織が農家を忘れ自己の組織存続の為の交渉として、TPP悪しで突き進みすぎた結果ではないかと感じた。

本来、日本の農業は日本の国民の為の大切な食を未来永劫に守り、子々孫々にひもじい思いをさせないための国策でなければならないのではないか。

個々のJAはそれなりに頑張っている、しかし全農や全中の組織が農家に目が行っていないからではないか。

今日の講演を聞いて、日本の農業を国策で考える将来を見据え政治家もJAも国民も考えるべきだと感じました。

今日は、少し頑張ってブログ書きました。長いコメントでごめんなさい。

DSCF2119