毎年恒例の長浜市アメニティー主催の下流と源流の自然観察交流会をしました。

昨日は、長浜市のアメニティークラブと、私たちの伊吹の源流を考える会で毎年11月末に実施している自然観察会を来ないました。今年で16回目で伝統事業です。

当日は、午前中はあいにくの雨でしたが、曲谷ダムで源流の話や源流の会の会員の動物写真家「須藤一成」さんから熊の話やその他の動物達の話をしてもらいました。皆さんとても興味深く聞いてくださいました。

 

DSCF3583

お昼は、古民家大門坂荘で「牡丹鍋」や田舎料理を食べていただき須藤さんのスライドを鑑賞しました。皆さんからは今年はなぜ熊が多いのか?自然の状態はどうなのかなどたくさんしつもんされました。話の後は、雨もやみ、大久保の古刹「長尾寺」を見にいって下さいました。参加者のみなさんスタッフのみなさんお疲れ様でした。

DSCF3589

伊吹山中腹の「峠」農場の伊吹大根と自然薯収穫しています。

厳しい環境で育つ逸品「伊吹山峠の伊吹大根」は過酷に育てながら辛みと微妙な甘みを出します。

他の農場で作ってもこの食味は出ませんやはり、土と気候と育て方です。農場内の大きな銀杏の木の下の農場に来ると自然の偉大さと美しさに圧巻されます。先祖が大切にしていた農場を開墾し、ようやくいい農場になってきました。

大切にこれからも守っていきたいです。

 

DSCF3574DSCF3577

「峠」の農場で収穫した伊吹大根を伊吹山の湧水で綺麗に洗いました。伊吹大根の美しさにほれぼれします。

夕方になってきたので、軽トラックに乗って熊やイノシシ、鹿の沢山いる山から下山します。

DSCF3579

 

 

 

 

湖北の食と農業を考える「よばれやんせ湖北」に参加させていただきました。

昨日は、長浜バイオ大学で湖北地域の農業生産者が作る農産物を使った郷土料理を食するイベント、「よばれやんせ湖北」が開催され参加してまいりました。パネルディスカッションのパネラーに出させていただき他のパネラーの皆さんと話す中で、 改めて湖北地域の食文化と地域産物の素晴らしさを感じました。これからも安心で安全で多くの皆さんに喜んでいただける農産物を「いぶきファーム」も栽培していきます。 関係者の皆さんご苦労様でした。そしてありがとうございました。

DSCF3552

柿の収穫も終わり、これから伊吹山麓葱の収穫はじまります。

11月も中旬をすぎいよいよ伊吹山麓にも寒い冬がやってきます。山の熊さんも今年は食べるものがなく伊吹の山麓にも柿や銀杏を食べに集落内を夜出没しています。でももうすぐ山に帰っていきますね。動物たちもなかなか大変ですね。

山の紅葉も終盤となり高い山の上から葉も落ち冬支度です。今年は雪が多いのかどうかですが、ほどほどがいいですね。

寒さが増してくると、食卓では鍋がいいですね。丹精込めて作った伊吹山麓葱(太い白葱)も大きくなってきたのでそろそろ出荷します。今年も肥沃な伊吹山麓の大地で育った葱を皆さんに食べていただけと嬉しいです。

「久次郎」では、(土)(日)祭日は予約なしでも温かい自然薯蕎麦と伊吹大根蕎麦も始めました。伊吹山麓葱を沢山入れた牡丹鍋は4人以上の場合予約で受け賜ります。

DSCF3530

地元の小学生の皆さん「久次郎」で自分達が育てた伊吹大根を使って蕎麦打ち体験です。

地元の伊吹小学校の2年生のみんなが地域のいいもの探し学習で、伊吹大根を学校の花壇で育ててくれました。

種を植えて大切に育ててくれた伊吹大根が大きくなったので、体験加工施設でもある「久次郎」へ、伊吹大根で食べる蕎麦を打ちに来てくださいました。小さな子供たち楽しそうに体験してくれました。

DSCF3496

自分たちが育てた伊吹大根をおろし蕎麦を食べながら「からーい、でも蕎麦にぴったしやわー。めっちゃおいしわー」

とみんなで食べてくださいました。地域の事を知ること、自分で育てた物で食事をする体験は大切な事ですね。伊吹大根を子供たちが知ってくれて嬉しかったです。

DSCF3500

帰りはみんなで記念写真をとりました。先生方ご苦労様でした。そして「伊吹大根」を大切に育てて食べてくれたみんなありがとうございました。地域をこれからも愛してくださいね。^¥^

DSCF3502

伊吹の特産ヒラタネ無柿(平核無柿)をステック干し柿にします。

今年は、全国的に柿が豊作です。伊吹の特産ヒラタネ無柿(種の無い渋柿)も豊作ですが、皮に傷がある柿は売れません。

大変おいしい柿でもったいないので、柿を食べやすいようにチップスに手作業で切りました。

DSCF3484

ガラスハウスで天日干しました。とても綺麗ですね。^¥^

DSCF3488

15日くらいしたら甘い干し柿の誕生となる予定ですが、うまく仕上がるかはわかりません。特産品づくりは難しいですからね。でも挑戦ですね。

 

 

秋の収穫に追われています。

10月後半から、12月中旬まではカブの収穫です。パートの方々と出荷に走り回っております。おかげさまで白カブは大きく綺麗なカブに育ちました。

赤カブは、11月中旬から収穫です。農薬をあまり使っていないので虫等がいたずらをして商品にならないものがありますが、加工所で漬物にします。

昨日は、薬草の里でイベントに参加させていただき、軽トラ市で秋の野菜や柿の即売をしました。あいにくの雨で寒かったです。関係者の皆さんご苦労様でした。

DSCF3479