大久保区の宝物セツブンソウが咲き始めました。

昨日、朝大久保に春の訪れを伝えてくれる可憐な花「セツブンソウ」を見に行ってきました。先日の雪が残っている所もありますが、雪の解けた所から少しずつ春の妖精とも言われるセツブンソウが優しくひっそりと咲いていました。

大久保区は山野草を大切にしています。

DSCF3835

夕方からは、区民でセツブンソウ祭りや3月からのセツブンソウふれあい合い月刊の打ち合わせをしました。

今年は、祭りをメインとするのではなく、大久保区にゆっくりとセツブンソウや山野草、大久保区ののどかな風景、人とふれあっていただけるようにしましょうと話が弾みました。

DSCF3844

 

広島県呉市宮原中学校のみさんまた会いましょう。

広島県呉市の宮原中学校の生徒の皆さんと夕べは楽しく食事をしました。 DSCF3805 - コピー 今日は、皆さんは京都見物に行かれます。朝離村式をしました。先生方、民泊を受けていただいた皆さんご苦労様でした。いい出会いができました。生徒の皆さんもまた米原に来てくださいね。待っていますよ。^¥^ DSCF3808 DSCF3811 また会いましょう。 DSCF3815

広島県呉市から中学生が米原市の伊吹山麓地域に修学旅行に来てくださいました。

今年も、広島県呉市から中学2年生の生徒さんが伊吹山麓集落に雪遊びとスキー体験に来てくださいました。呉市は温暖な瀬戸内海に面するところで雪は積もらないそうです。

初日は、入村式と各農家民宿で雪遊びや田舎料理で楽しんでくださいました。

DSCF3796

初日の昼食とその後は外で雪遊びを汗だくになるまで楽しんでくれました。夜は囲炉裏のある大門坂荘でイノシシの牡丹鍋や田舎料理を食べていただきました。

今日は、朝早くから奥伊吹スキー場で初めてのスキー体験をされる生徒さんが多いようです。

皆さん元気にスキー場に向かわれました。^¥^

DSCF3800

DSCF3801

 

 

 

朝起きたら雪が沢山積もっていました。でも麹味噌作りには最適ですね。

DSCF3788 この冬は、もう雪が沢山降らないかと思ったらまた1級の寒波がやってきましたね。沢山積もらないでほしいですね。 今日も「久次郎」で味噌作りです。伊吹の源流米で麹を作り豆半分麹半分の手作りぜいたく味噌です。 材料と手間暇にこだわった味噌は昨年同様美味しい味噌ができるでしょう。この寒さが一段と味噌を美味しくしてくれます。今日も沢山作りました。 DSCF3787 午後は、集落の中の除雪をします。お年寄りの皆さんは大変です。でももうすぐ春です頑張りましょう。^¥^

厳しい寒さの中で作る昔ながらの手作り麹味噌作っています。

厳しい冬の間に、手作り麹味噌を作っています。まずは伊吹山麓元気農業の仲間の村田こうやんが、厳選した伊吹山麓大豆を昨日伊吹の源流の水に浸して大鍋で煮ます。これが大変ですね。 DSCF3759 長時間かけて茹で上げた大豆をミンチにする機械で細かくし、伊吹の山麓で作ったメンバーの滝上さんのコシヒカリで作った麹と塩を混ぜてミンチにした大豆としっかり練り合わします。 DSCF3762 昨年も作りましたが、美味しいと皆さんから喜ばれています。手間暇かけた手作り味噌今年も頑張って作ります。 8月下旬には1番味噌が出来ますね。じっくり熟成発酵させます。^¥^

平日は「久次郎」で伊吹山麓の自家野菜で漬け物加工をしています。

伊吹山麓の雪もなくなってきました。自家野菜の「伊吹大根浅漬け」「伊吹の赤カブ浅漬け」「伊吹の白カブ浅漬け」昨年漬け込んだ野菜の「伊吹山麓野菜しば漬け」 を特産品として作っています。雪の下になって野菜の甘さとコクが最高の漬物です。

3月からは峠の「伊吹大根糠漬け」を販売いたします。でも野菜を洗う時手が冷たいですね^¥^

DSCF3758

大久保の郷に「セツブンソウ」が咲きます。

私の住む大久保に、春を告げる可憐で気品のある花「セツブンソウ」が今年は、早咲きが2月の7日頃から咲き出すようです。

大久保区では、この可憐で絶滅危惧種ともいわれる「セツブンソウ」多くの皆さんに楽しんで見ていただこうと3月からはセツブンソウふれあい月間としました。年々多くの方が見に来ていただいております。

希少な花を後世に継承する為、区民が今日は雪の降る中、歩道ルートの杭を立てたり、道づくりをしました。

一番花を雪背景に写真を撮ろうと今週からカメラを持った方が大久保の山里を歩かれます。

今日は、区民の皆様ご苦労様でした。^¥^

DSCF3743

階段作りもなかなか大変でした。

DSCF3754