今年もお陰様で旬の地域産物が採れています。

いぶきファームと伊吹山麓元気農業協議会では、伊吹山麓の地域産物を仲間と共に栽培、収穫をしています。

伊吹山麓協議会では、伊吹の自然薯が今年も立派に育ちました。「久次郎」の自然薯田舎定食や蕎麦にも自然薯を使っています。また、宅急便で伊吹の自然薯として贈り物にも利用していただいております。

DSCF4982

自家製ゆず味噌や白カブの浅漬けに利用する「本ゆず」もいい香りですね。

DSCF4978

本命の伊吹山「峠」の伊吹大根は大きさにこだわり小ぶりで辛みと甘みの最高の逸品を収穫し、「久次郎」で蕎麦の薬味として好評です。やっぱり伊吹山の峠産は違いますね。^¥^

DSCF4981

 

 

「久次郎」で米原赤丸カブの漬物つくり始めました。

米原の特産「米原赤丸カブ」を市場出荷し始めました。形の悪いものや少し割れのあるカブは市場に出しても値段が付かないので加工用として大切にします。苦労をして育てたカブを加工品として美味しく食べてもらいたいからです。

特産加工所「久次郎」では土曜日、日曜日は食事も提供させていただいておりますが平日と休日も加工品を作っています。昨日も米原赤丸カブの漬物作りを始めました。

DSCF4976

 

伊吹山にも初冠雪です。赤カブの出荷もはじまりです。

今年は雪が降るのも遅れていましたが伊吹山は朝真っ白に雪が積もりました。いよいよ冬の到来ですね。昨日は赤カブを700本ほど収穫し出荷しました。軽トラック2台に積んで洗い場に持って行き綺麗にして出荷しました。

手がかじかみましたが、みんな頑張って作業していただきました。

DSCF4975

いぶき葱の5回目の土かけをしました。これが大変なんですね。

いぶき葱寒さが厳しくなってくると甘みがのって美味しくなります。伊吹山麓の葱に適した土壌で毎年立派ないぶき葱に育ちます。今年も太い葱に育っています。昨日は5回目の土かけをしました。畑がぬかるんでいたので手作業で行いました。

高くまで土を被せなければならないのでこれが大変なんですね。^¥^

DSCF4972

後7日で師走です。カブ等の市場出荷と「久次郎」では自家野菜の加工で忙しい毎日ですね

早いもので後7日で師走です。11月は例年より暖かく過ごしやすかったですが、明日からはいよいよ冬将軍が日本列島に北風と高い山には雪を運んで来るようです。

寒くなると鍋の季節なのでカブ、いぶき葱、伊吹大根の出荷に追われます。また、平日は「久次郎」で各野菜の加工品を作ります。昨日は11月に新しく商品化した大変好評の「伊吹のそうめんカボチャの酒粕漬け」を漬ける作業をしました。

今日からは白カブ、赤カブの浅漬け加工を始めます。^¥^

DSCF4970

長浜アメニティ会員の皆様と姉川上流と下流の交流で今年もお越しいただきました。

今年で17回となる上流を訪ねて地域の散策をしていただく交流イベントを昨日行いました。開会行事の後、姉川源流の秘境の「五色の滝」と紅葉を見に行っていただきました。DSCF4955

お昼は、大久保にある120年前に建てられた囲炉裏のある古民家「大門坂荘」でシシ鍋汁や地域の手作り田舎料理を食べていただきました。食事の後は動物写真家「須藤一成」さんの野生動物の映像で話をしていただきました。

スタッフの皆様ご苦労様でした。

DSCF4967

以前勤めていた市役所の仲間5人で北陸の山代温泉に行ってきました。

町村合併で新しい米原市が誕生した時からの仲間とは退職後も時々飲み会をして楽しんでおります。今回は18日、19日にはのんびりと温泉にも行こうと計画をしました。北陸の山代温泉旅館「森のすみか」さんで、ゆっくりと温泉に入ってきました。楽しく北陸で体を癒してきました^¥^

DSCF4940

伊吹山の麓の伊吹小学校で子供たちの地域学習で伊吹大根の授業がありました。

昨日は、伊吹山の麓の伊吹小学校で子供たちが地域のいいものを見つける取り組みの学習で、近畿ブロック参観がありました。

小学校2年生の生徒さんが伊吹の特産「伊吹大根」を育てて下さり種の提供とお話を私もさせていただきました。

子供たちが地域の良いもの見つけをして下さって嬉しかったです。当日は普通の長い大根と伊吹大根をすりおろし蕎麦にかけて違いを発表されていました。

みんな「蕎麦に合う美味しい大根です」と元気に違いを発表してくださいました。^¥^

DSCF4922

直径12センチ以上のカブを中心に昨日と今日は集中出荷です。

カブの出荷がこれから12月中旬まで最盛期となってきますが、直径12センチ以上(2L)のカブを中心に集中して市場に出荷します。

昨日と今日は、約1300本程度出します。その後は、日あたり250本程度市場の休み以外出します。

米原にあるカブを洗う機械での作業で早く洗えるのですが数が多いので大変ですね^¥^

今年は9月中旬から10月中旬冷え込んだ日があったのでカブの甘みが最高との事です。

いいカブができました。

DSCF4915

寒くなってきたので「伊吹大根」収穫しながら糠漬用に干します。

寒さが日に日に増してきました。伊吹大根も大きくなってきたので漬物加工用にも収穫し綺麗に洗います。

DSCF4901

洗った伊吹大根は軽トラで今日の分は家に持って帰り干します。

DSCF4904

持って帰った伊吹大根を北風の当たる軒下に干しました。

DSCF4912

これからは、別の場所で沢山の伊吹大根を干していきます。^¥^