地元伊吹小学校の3年生の皆さんが伊吹大根のポスター作ってくださいました。

今日、伊吹小学校の3年生の担任の先生から、「地域の学習でお世話になったお礼と、伊吹大根がもっと売れるようにと3年生の子供たちが伊吹大根のポスターを作って谷口さんにもらってもらいたい。と言っているので、これからお渡しに伺います。」と電話があり「久次郎」に届けてくださいました。

大変うれしく感激です。早速店の中と外に見えるように掲示させていただこうと思います。

DSCF5227

ポスターです。

DSCF5228

伊吹小学校の子供たちいい子たちです。すくすくと元気で地域を大切にしてどんどん身体も心も健やかに育って行ってくださいね^¥^ 生徒の皆さんありがとうございました。先生方、地域を明るく元気に支えあうってこのようなことなんでしょうね。改めて教えていただきました。^¥^

大久保のセツブンソウ6分咲くらいになってきましたよ^¥^

2月の後半に入りました。今日の朝大久保のセツブンソウ見にいってきました。なんともう6分咲になっていました。これから10日間くらいが見ごろかと思いますねー。

DSCF5223

近くのアズマイチゲももうすぐ咲き始めるのでしょうね。また、見にいってきましょう。いよいよ春ですねー。^¥^

 

春になるまでの仕込み重要なんです。伊吹の在来種蕎麦も製粉しています。伊吹大根糠漬けも最終になってきました。

伊吹は蕎麦の発祥地、昔からの在来蕎麦を「久次郎」で2月になってから製粉作業に入りました。そば打ち体験や在来そば粉の販売もします。在来蕎麦は甘みと香りは独特ですね。

DSCF5207

伊吹大根の糠漬物は好評なので今年は沢山漬け込んでいます。干して次々桶に漬け込む作業をしています。3月上旬まで漬け込んでいきます。昨年漬け込んだぬか漬けは販売出来るように仕上がってきました。^¥^

DSCF5212

これからはるになってくると、忙しくなってきますね。^¥^スタッフ一同自分たちに出来る範囲で、楽しく頑張って地域の活性化のために頑張ります。

東京から遊びに帰って来た孫たちと奥伊吹スキー場に行ってきました。

この飛び石連休に東京に住んでいる孫たちが遊びに来ました。昨日は天気も良かったので午後から奥伊吹スキー場に行ってきました。

私も、相当昔ですがスキー部にいたりスキーパトロールもしていたので、孫たちと遊んだあと山の上から休憩なしでダウンヒルしました。おかげで今日の朝は少し腰が痛いですね。何事も無理は禁物ですね。^¥^孫たちもスキーデビューし歩き方から教えてあげました。子供は自然の中で思いっきり遊ぶことも重要ですね。

私も還暦なのですが、これからは体づくりに好きなスポーツを時々楽しみたいです。^¥^

DSCF5203

 

「久次郎」では春の訪れです。^¥^

3寒4温とはよく言ったもので、寒さを感じる日もありますが春の陽気を感じる日が多くなってまいりました。

久次郎では、味噌加工は終わり伊吹大根の糠漬や地域野菜などの加工品等の特産品の生産を平日は行っています。

また、春に向けて農場を耕すのも始めました。春に向かっていよいよ始動です。

「久次郎」の食事処スペースでは昨日、山野草の写真を今回展示してくださる山本さんと、山野草に詩を付けて下さる堀江さんが最後の展示調整をしてくださいました。

13日から皆様に見ていただけるようになりました。是非美しい山野草の可憐なつぶやきを感じて心和んで下さい。

山本さん、堀江さん本当にありがとうございます。^¥^

DSCF5199

14日以降は、天気の良い日は平日も「久次郎」を営業させていただきますので見に来ていただけます。

セツブンソウふれあい月刊いよいよ始まりです。山野草写真展示も「久次郎」で始めます。

昨日は、寒い一日でしたが天気は良く日差しは春を感じるようになってきました。「早いセツブンソウがもう咲いていますよ」と大久保のセツブンソウふれあい月刊とふれあい祭りに協力いただく山本が話され店にお越しくださいました。山本さんは素晴らしい山野草を写真を撮られる女性で今回、「久次郎」に花の写真を飾を展示してくださいます。

セツブンソウをはじめ久次郎の1室に10点新作を展示準備して下さり、11日に花ごとに花に合う「詩」を書いていただき完成です。とても可憐な山野草の花々はけなげで最高の美しさです。2月は平日も天気の良い日は「久次郎」営業させていただきますので花々の写真を見に皆様も是非お越しください。

DSCF5180

 

手作り麹味噌の仕込みようやく終了しました。これからは手作り漬け物を作って行きます。

1月中旬から、2月の上旬まで加工所「久次郎」では、手作り麹味噌の仕込みをしました。大きな樽30位仕込みました。8月の土用を過ぎると新味噌の誕生ですね。その間ゆっくりゆっくりと発酵し熟成し、まろやかな味噌が出来上がります。

これからは、11月から漬け始めている伊吹大根の糠漬けが出来上がってきたので製品化して販売していきます。また、4月までは米原赤カブ、白カブ、伊吹大根の浅漬けの仕込みと販売をするために「久次郎」で加工を行います。

2月は、大久保に咲く花セツブンソウを見に来てくださる方がおられますので、田舎の手作り漬物などご購入していただけると嬉しいです。

2月~3月下旬までは土用、日曜、祭日以外の雨天以外の平日も食事の提供もさせていただきます。^¥^

大久保区で作られたセツブンソウのパンフレットです。2月、3月はセツブンソウふれあい月刊です。是非お越しください。可憐なセツブンソウには春の息吹がみなぎっていますね。

DSCF5170