梅干し用にシソの葉を綺麗に洗って干して揉みます。これが大変なんですよね。^¥^

この時期は、梅の漬け込みをします。綺麗な天然の赤色を出す為には良質のシソの葉が必要です。昨日は蓬の加工や茄子の収穫の合間にシソの葉を洗って水切りをした後、手揉みをしました。なかなか大変な作業でした。

揉んだシソは梅酢を混ぜていくと鮮明な赤色になり梅を天然着色していきます。申年の梅綺麗に仕上がるようにはこの作業は大変ですが重要なんですよね。^¥^

DSCF5576

梅雨の晴れ間は、大切な1日となります。今日も晴れているので外の作業が出来ます。ありがたいですね^¥^

 

梅を洗っていよいよ漬け込む時期になってきましたね。

私の住む大久保地域でも、梅の収穫が伊吹山の「峠」地先で始まりました。梅雨の合間の雨の降らない昨日も区民の皆さんも梅を収穫に来られていました。私も先日収穫した中ぐらいの梅を洗って水切りをしました。これから梅干し用に漬け込み、梅雨が明けたら一斉に干していきます。今年は、申年の梅です全国的に梅が不作見たいです。尚貴重な梅ですね^¥^

DSCF5575

孫と姉川源流の蛍を見に行ってきました。

昨晩、近くに住む娘が孫を連れて夕食を食べに来ました。夕食後2歳になる孫もつれて姉川源流の蛍を見に行ってきました。清流の水の音と「カジカカエル」の鳴き声の中に舞う蛍は最高ですね。周りが明りが少ないので尚いいですね。これから4週間くらいは一番いのかな。孫の手に小さな蛍を載せてあげたらじっと見つめていました。

飛んできたのは、めずらしい姫蛍でした。初めての経験で孫は少し興奮気味でしたね。^¥^

DSCF5570

地元の伊吹山中学校の生徒さんが職場体験に来られています。

伊吹山中学校では毎年中学2年生の生徒の皆さんが自ら地域の職場を選んで職場体験をされておられます。加工所「久次郎」と「いぶきファーム」でも特産品の加工体験と農場体験に2人の生徒さんが来られています。今週末までの5日間生徒のみなさん頑張って下さい。

蓬の加工から出荷までの作業です。

DSCF5561

伊吹大根の袋詰め作業です。

DSCF5563

今日は茄子農場で農業作業を体験していただきます。大変ですが仕事の厳しさややりがいなど感じていただけたら幸いです。

梅雨に入ると紫陽花の花がいいですね。

もう1か月するとギラギラの真夏が目の前です。その前にはうっとうしい梅雨の時期があります。この時期周辺の雑草がどんどん大きくなります。私の管理する土地でも草がグングン成長してます。昨日は朝早くから囲炉裏のある「大門坂荘」周辺の草刈りをしました。草刈りが終わり周辺を眺めると綺麗な紫陽花が咲き始めました。長尾寺に向かう所々に、色とりどりの紫陽花が梅雨を心待ちにしてたようです。眺めるといい花ですね。^¥^

今から、30年くらえ前に「長尾寺の周辺は紫陽花が似合うから植えるといいね」と言っておられた故人、松井捨之進先生の事を思い出しました。古刹に合う花であることが見えていたのでしょうね。^¥^

DSCF5556

加工所「久次郎」では、蓬の匂いで包まれています。^¥^

6月も前日加工した蓬を、1晩寝かせ朝袋詰めし昼の宅急便で和菓子店に送ります。午後はその日に収穫した新し蓬を選別し、綺麗に洗い煮ています。加工所の中は蓬のいい香りで一杯ですね。体も蓬の匂いが染みついているのではないでしょうか^¥^

DSCF5555

茄子の露地農場では1番茄子が収穫できるようになってきました。6月中旬からは茄子の朝どりも始まるので、結構忙しくなりますね。つやの良い茄子が沢山出来るといいですね。

DSCF5552

 

伊吹山の中腹にある「峠」の梅畑の草刈り完了です。

大久保の先人が植えた通称「峠」の梅、約60年の古木ですが無農薬で皮も薄く最高のです。もうすぐ収穫で、その前に綺麗に木の下の草刈りをしました。前年に枝の剪定もしたので古木ではありますが、新しい枝についた梅は元気な顔をしています。申年の梅ですから美味しい梅干しに仕上げる為に木で熟成させて収穫するのが大切ですね。^¥^

DSCF5551

伊吹山の中腹で栽培している伊吹大根の種採りです。10年以上たってきているので本来の特徴に戻って来ています。^¥^

伊吹山の中腹で栽培している伊吹大根は、周りにアブラナ科の植物がないので毎年選抜した種を残し、伊吹大根本来の辛みと微妙な甘さのある本来の原種に戻ってきました。沢山の大根の中から種の「さや」が少し赤みをおびた物から種取します。自然の中で伊吹大根に最適な土地柄が本物を作り出すんですよね。伊吹山の「峠」の「伊吹大根」厳しい自然条件の中ですが、大切に守っていきたいです。^¥^

DSCF5544

伊吹山「峠」の梅も大きくなってきていますね。今年は申年の梅ですから貴重ですね。私も申年です^¥^

DSCF5550

毎日の「久次郎」での蓬加工と、この時期は、蓬畑の草刈りもしなければならないので何かと忙しいですね。

でも、物ができることは楽しいですね。^¥^